【ジャガード:1】愛すべき国産の安ギターJagard

PVアクセスランキング にほんブログ村
稼ぐブログランキング

旦那の趣味は、エレキギターです。

毎日毎日、エレキばっかり眺めて修理して弾いて磨いて・・・ほんとに飽きないなーと思います。

必然的にコレクションもどんどん増えていって、もう部屋いっぱいギターだらけ。

Yoshimin

いったい何本あったら気が済むねん! ひとつあったらええやん!

と、以前の私なら文句を言っていました。

今年からギターせどりを始め、意外とギターがいい値段で売れるのを見て、ま、売れるんならいいか、と、最近では大目に見ています…笑

そんな旦那のギターコレクション、中には珍しいものもありますので、売れてしまう前に、

ギターを全く弾けない私が、素人目線で紹介していきたいと思います。

紹介する内容は、
・このギターのルーツ
・外観(見た目)
・サイズ
そして、私が勝手に評価して点数をつけています❣

ちょっと他とは違う目線で紹介していますので、最後まで読んでいってくださいね✿

第1回目は、国産の安ギターとして有名な、ジャガードのエレキギターです。

目次

ジャガードについて

ジャガードヘッド

ジャガードの情報を調べましたが、ほとんどありませんでした。

少ない情報から、ジャガードは国産のギターで、愛知県の株式会社寺田楽器で製造されたギターであることがわかりました。

寺田楽器のウイキペディアによると、次のようにあります。

バイオリンなどを中心とした弦楽器を製造する酒井楽器で工場長を勤めていた寺田彦蔵が1916年(大正5年)に独立し、寺田木工所を立ち上げた。 1930年代から、安価な仕入先を模索していたイタリアの楽器卸売業者からクラシックギターの製造依頼がくるようになり、それ以降ギター製造のOEM中心へと切り替わっていった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

<自社ブランド>
寺田彦蔵、サム、VG、Infie、Rozeo
<OEMブランド>
TSK、Terry’s Casual、グレッチ、神田商会(グレコ、フェンダージャパン – 1997年~2008年)エピフォン、ディアンジェリコ、ベスタクス(ディアンジェリコ・レプリカ)、モリダイラ楽器(モーリス楽器製造)、S.Yairi、サドウスキー(Sadowsky Archtop)、フーチーズ(Crews Maniac Sound)、二光通信販売株式会社(ビバ楽器)、アイバニーズ(ホローボディシリーズ廉価版 – 1987年~1997年)、荒井貿易(ダキスト)、ESP、schecter、島村楽器HISTORY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ん?「ジャガード」の文字がありません。

ジャガードは黒歴史なのか!?

真相はわかりません。

また、ジャガードは、エレキギターよりアコースティックギターのほうが有名のようでした。

アコギの情報は、検索でたくさんヒットしました。

ジャガードのディンキータイプ

ジャガードのディンキータイプです。

ジャガード外観
もうちょっと綺麗な写真はなかったのか・・

コンコルドヘッドで、80年代っぽいペグがついています。

ペグ

ネックはメープルで、ちょっと安物っぽい感じです。

ネック

指板はローズウッドと思われますが、濃い色がきれいです。

ミディアムジャンボのフレットですが、端の処理ができていないので、気合を入れて演奏すると、流血します・・きっと。

指板調整前
フレット端の処理前
指板
フレット端の処理後

ボディの素材は多分、バスウッド?でしょうか、自信はありません。

ボディ素材
どこもかしこも塗装してあるから素材がわからん・・

ワンボリューム、ワントーン、ワンハムバッカー、トレモロアームです。

ボディ

ハムバッカーが一つなのは、何か足りん感じ。

ピックガードもないし、真っ黒だし、、旦那は「男前のギター」と言っているけど、やっぱりなんか足りん、と思うのは私だけなのか。。

サイズ

それぞれの部位の大きさを測ってみました。

というのも、ギターせどりの発送の際の梱包の参考にしたかったからです。

だんな

ギターのサイズ測るとか、その発想はなかったわー

ある程度の数を測り終えたら、いずれ平均値を出したいなと思っています。

ということで、ジャガードのディンキータイプのサイズです。

※素人採寸なので多少の誤差はあります。

測った部分サイズ
全長960ミリ
スケール(弦の長さ)633ミリ
ボディの長さ440ミリ
ボディの幅①250ミリ
ボディの幅②200ミリ
ボディの幅③300ミリ
ボディの厚さ(最大)41ミリ
ヘッドの長さ182ミリ
ヘッドの幅69ミリ
ネックの長さ641ミリ
ネックの厚さ(12フレット部分)21ミリ
ネック幅(ナット部分)41ミリ
ネック幅(22フレット部分)53ミリ
1~6弦の幅(ナット部分)35ミリ
1~6弦の幅(ブリッジ部分)51ミリ
重量3,425グラム

ちょっと小ぶりなギターですね。

測った部分は下図を参照ください。

計測場所

私(Yoshimin)の評価

ギターの知識もにわか仕込みの素人の私が、好きか嫌いかという、ホントに勝手な基準で評価したいと思います。

演奏はできませんので、主に見た目から独断と偏見で判断してます。

Yoshimin

ギターの本当の良さなんてわかってないから、大目に見てね❤

ジャガードのディンキータイプを100点満点で評価すると、なんと45点!  低っ。

理由は次のとおり。

・ハムバッカーが1個しかないのが、何か足りないかんじがする
・真っ黒な見た目
・ディンキータイプの形が嫌い
・ヘッドの形が好みじゃない
・ピックガードがないのが、おしゃれじゃない

好きなこと言ってますね、、ジャガードファンの方、怒らないでーー汗

次回予告

今回は国産の安ギターの紹介でしたが、次も国産のギターを紹介します。

同じ国産ですが、ジャパンビンテージと言われる逸品です。

さて、何が出るかはお楽しみ~~♫

ヒント:Gで始まります。

Jackson ジャクソン JSシリーズ エレキギター Dinky ディンキー Arch Top JS32 DKA/Bright Blue ブライト・ブルー

ブログランキングに参加中です。
応援よろしくお願いします!

にほんブログ村 小遣いブログ せどりへ
にほんブログ村へ


せどりランキングを見る

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる